dameningendx2をフォローしましょう

「つくば」を走っていて気が付いたこと2006/11/28 02:26

ハーフマラソンの市民大会は,ほとんど制限時間が2時間30
分であります。
ハーフは21.0975キロ。
1キロを7分07秒以内に走り続けていられれば,時間内に完
走できます。
10キロを1時間ぐらいで走ることができれば,これはそう難し
いことではありません。

ハーフ大会の制限時間内に完走することができるとします。
「つくば」等のフルマラソンの市民大会。42.195キロ。
こちらは6時間制限という大会が多い。
勿論5時間のところも,7時間,8時間というところもあります。
しかし市民マラソンで最も多いのは6時間。
「つくば」も6時間であります。
これを完走するためには,1キロを8分32秒以内で走り続け
る必要がある。
しかしキロ8分30秒のペースで最初から最後まで行こうという
のは当然危険であります。
途中で脚が痛くなったりということがあったらそこでアウトです
からね。
もうちょっと速いペースで入るのが普通でしょう。
だから最初の5キロが42分を越えていたら,これはいかんと
思いますわ。
10キロなら80分はまだいいとして,90分かかったらちょっと
取り返さないとまずいなと。
さて,ハーフを2時間30分で走れると。
じゃあ中間点までとにかく2時間30分で行っちゃいましょうと。
中間点で2時間30分でしょう。
てことは,残り約21キロを3時間30分以内。
3時間30分は210分。
1キロを10分で行けばいいことになる。
これなら歩いても時間内にゴールできます。
軽快にぐいぐい歩けば充分間に合う。
まあ中間点から残りを全部歩くこともないので,30キロぐらい
まではペースを落としても走るとかすれば,もっと余裕ができ
ますわな。
つまり何が言いたいのかと申しますと,6時間制限のフルマラ
ソンの大会では,2時間30分以内に中間点に到達すること
が大事であると。
ということは,ハーフ大会に積極的に参加するのも大事だし,
それを余裕を持って完走できるようになってくれば,6時間制
限のフルマラソンの時間内完走が見えてくるということになる
のではないかと。
今までハーフの大会は単に長距離練習ぐらいにしか考えて
いなかったのですが,ハーフの距離と2時間30分という時間
に込められた意味が突然はっきりして,今回走りながらびっく
りして,なんで今までそう思わなかったのだろうと呆れもしま
した。
だからとにかく中間点まで余裕を持って2時間30分で行って
しまえるようになれば,あとは「痛くて無理」とか「苦しくて無理」
なんてことになる前に歩いてしまえばよい。
しばらく歩けばまた走りだせるようになるでしょうから。
残り全部歩いても大丈夫と思えたら,気持ちとしてはかなり
楽ですからね。
でまた仮に,中間点で2時間40分とかだったら,これは30
キロ,35キロぐらいまではペースを刻んで走らないといかん
なと。そんなに余裕はないぞということになってきます。

私レベルだと,こういうことが非常に大事でしてね(笑)。
情けないけど。
まあ常に全力を出し切るというのも美しいですけれど,そんな
キャラじゃないし,メクジラ立ててやることもねえや。
ただ時には本気で走る大会もないと面白くないですな。
さしあたっては,来年の「佐倉朝日健康マラソン」です。
これは今年,制限時間の5時間を12秒超えてしまった大会
ですので,リベンジしなければならない。
これはもう,なんとしても時間内に完走してやる。
見てろよ。

コメント

_ hide ― 2006/11/28 13:13

つくばマラソン完走おめでとうございます。
好天に恵まれた様で何よりです。
完走祝いは後ほど!
私もまずは3kmを目標に頑張る所存です。

_ ダメ人間 ― 2006/11/28 14:01

好天ではなかったけどな。
まあ問題はなかった。
祝うほどの結果でもないけど。
しかし今回はフラットな気持ちで走ったからか,いろんなことが見えてきて,勉強になりました。
こういう大会ごとのメリハリも面白い。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dameblo.asablo.jp/blog/2006/11/28/973002/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。