dameningendx2をフォローしましょう

今年も小島義一さんを見た。2006/11/28 11:19

去年のつくばマラソン。
自分ではもうちょっといい時計でゴールできると思っていたも
のが,結局ボロボロになりながらゴールしました(それでも今
年よりタイムはいいけど)。
競技場に入り,なんとか5時間40分を切ろうと必死になって
もがいていると,失礼ながらトボトボと,しかし確かな足取りで
ゴールを目指す年配の男性ランナーがおられました。
その方の背中にはお名前と一緒に,フルマラソンを「1024回
完走,世界2位」と書いたものが貼り付けてありました。
お名前は憶えていなかったのですが,世の中には凄い人が
いるもんだと。
それはまあいいとして,この人,このゴール直前の競技場ま
で,ずーっと私の前を走っていたことに気付いた時は愕然と
しましたね。
結局私の1分後ぐらいにゴールです。
一見ホントに大丈夫なんだろうかと心配してしまうような走り
ぶりなのですが,最初から最後まであの調子を維持していく
のでしょうねえ。スーパーイーブンペース。
もう恐れ入りましたとしか言いようがない。
そして今年。
またいらっしゃいましたねえ。
今年はさあどの辺りでしたか。10キロ地点を過ぎた辺りでし
たかねえ。
去年と同じ背中を発見。
しかし書いてある数字がちょいと違う。
今年は「1068回完走」となってました。
1年で44回も完走したってか!
それだけ走るのも大変だけど,あちこち大会を巡るのもえらい
こっちゃで。正味の話が。
と思ったら,こういう方々は「GB皇居マラソン」って大会で数を
かせいでいらっしゃるようですな。
いやまあそれでも,遠路はるばるあちこち行ってらっしゃるこ
とに変わりはありません。
ちょっと調べてみました。
小島義一さん。60代半ば。
大体年間に50回ほど走られるそうなんですわ。
40歳からフルを走り始めて,2004年のNAHAマラソンで,
ついに1000回完走を成し遂げたそうです(私の初マラソン
の大会じゃないですか!)。
すげーなー。
それで今年のつくばマラソンはコースが変わり,折り返しに
なりましたので,一度追い抜いてから今度はすれ違いました。
タイム的には制限の6時間以内はキツいかなと思いましたが,
全く同じご様子で足を進めていらしたので,きっとあのまま
ゴールされたことと思います。
しかし去年の小島さんのゴールタイムは,今年の私のゴール
タイムより速いですからね。
これも「鉄人」の一つの形と言っていいでしょう。
6年前まではサブ4(フルマラソンを4時間以内に完走)ラン
ナーでもあります。
60代をあなどってはいけませんよ。
速いんだから。
今手元に雑誌の「ランナーズ」2005年7月号の付録,「フル
マラソン1歳刻みランキング記録集」というものがありますが,
男性60歳から64歳までの上位100人は全てサブ4である
のみならず,サブ3の人まで何人かおられます。
元気なおとっつぁんがいっぱいいるんですね。

小島さんは今後も世界一を目指して走り続けるそうです。
ちなみに世界一はドイツのホルスト・プライスラーさんで,その
完走数は1270余とのこと。小島さんよりちょっと年上。
生活を切り詰めての大会参加。
大変だと思いますが,ここまできたらいくとこまでいって欲しい
ですし,ご本人がもうやめられないですね。
100歳での完走も目指しておられるとのこと。
あと30数年。
うーむ。私の方が先にくたばってしまいそうです。
脱帽。

コメント

_ hide@お店 ― 2006/11/29 20:17

恐ろしい老人がいるんですね・・・
ボスも100回に向けて頑張って下さいよ。
しかし年50回ってほぼ週一じゃん・・・凄すぎ。

_ ダメ人間 ― 2006/11/29 21:49

いやもう老人なんて言えないですよ。
超人ですわ。
4日連続とかもあるようです。

私の100回まではあと91回(笑)。
50代で実現するんじゃないかな。健康だったら。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dameblo.asablo.jp/blog/2006/11/28/973535/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。