dameningendx2をフォローしましょう

備忘録 かけっこ編2006/11/16 16:24

「東京国際女子マラソン」
11月19日
http://www.asahi.com/tokyo-marathon/
テレビ朝日系列で正午より生中継。
Qちゃんの連覇なるか!?
来年大阪で開催の世界陸上の選考レース。
2時間26分を切って日本人1位なら内定。

「国際千葉駅伝」
11月23日
http://www.chiba-ekiden.jp/
フジテレビ 男子午後1:05 女子午後3:20

「つくばマラソン」
11月26日
http://www.tsukuba-marathon.com/
私の今シーズン初のフルマラソン参加大会。

「アジア競技大会」
12月1日~15日
http://www.doha-2006.com/
ドーハで開催。

「福岡国際マラソン」
12月3日
http://www.asahi.com/fukuoka-marathon/
エチオピアの「皇帝」,ハイレ・ゲブレシラシエ登場!
世界陸上の選考レース。
2時間09分29秒以内で日本人トップなら内定。

「さのマラソン」
12月10日
今年もエントリー。制限時間の5時間を切れるか!?

「全日本実業団対抗女子駅伝」
12月17日
HPは見当たらない。近々TBSが作るでしょう。
三井住友海上の4連覇なるか!?
ワコールの福士加代子選手の爆走にも注目!

「全国高校駅伝」
12月24日
たぶんNHKで放送。
女子1500mの日本記録保持者,須磨学園の小林祐梨子
選手に注目。

年内はこんなもんかしら。

箱根駅伝予選会2006/10/24 19:59

今更なのですが,先週土曜日に行われました。
正月の本大会で10位以内に入ればシード校となりまして,こ
の予選会を戦う必要がない。
本大会出場枠は20校。
そのうち10校がシードで,もう一つは学連選抜チームが入り
ますから,残る枠は9。
これを40校以上で争う訳です。
厳しいねえ。
だからシード校は,本大会にピークをもっていくように調整す
ればいいのですが,予選会を勝ち抜かないといけないチーム
は,ここにもピークをもってこないといけない。
難しいですよ。
10人揃ってコンディションを整えるというのは。
だから益々シード校は有利になる。

さて,我が母校,國學院大學ですが,今年の本大会では14
位に終わり,シード権を獲得できませんでしたので,当然予選
会を走りました。
4位になってくれまして。
嬉しいねえ。よくやってくれた。
この予選会は20キロを走り,チームの上位10人のタイムを
合計して順位が決まるのですが,序盤・中盤・終盤と安定して
おりました。これは評価したい。
終盤になって順位が落ちてくるというのはよろしくないですも
のね。
まあなにしろ,来年の正月も力が入ります。
是非シード権を獲得してもらいたい。

予選会を通過しても,上にシード校が10校あるんですから
ね。
これを崩すのは容易ではありません。
それでも今年の予選会。またドラマがありました。
拓殖大学が1秒に泣きました。
インカレポイントが足りなかったですねえ。
インカレポイントの10秒を引いて1秒差ですから。
9位の国士舘大学はインカレポイントで3分50秒が引かれて
ますからね。
10人の合計タイムでは国士舘をはるかに上回るどころか,
インカレポイントを考えなければ,7位です。
去年も同じパターンでしたから。
ちょっとかわいそうでした。
まあルールだから,しょうがないんですけれども。
結局出場校は,今年の本大会に出場したのと全く同じになり
ました。
これねえ,それだけ金もかかるってことですよね。
学校自体が力を入れて,予算も下ろさないと勝てないってこ
とのように思えます。そういう学校が残る。
今は学生でも月間1000キロ以上走るのは当たり前のよう
ですし,高地合宿もしますもの。
國學院でも夏は5次合宿ぐらいまでやるらしいですから。
なかなか大変です。
普段も寮生活ですしね。
インカレだけじゃなくて,各地の記録会やらハーフマラソンや
ら,エース級の選手は海外遠征もしますし。
金はいくらあっても足りない。
だから選手の気力は勿論最も必要ですが,学校がその気に
ならないと,なかなか箱根では勝てない。
まあ長い歴史の大会で,国民的イベントでもありますが,学
校からすればよい宣伝,イメージアップにもなりますし,選手
にしてみれば登竜門,実業団入りするにあたってのアピー
ルにもなりますから。
重い意味のある大会なんでしょう。
なにしろ,理屈抜きで,見ていて面白い。
チームですからね。どんなスーパーエースがいても,他が
崩れたらダメだし,そのスーパーエースが大崩れすることも
ありますし。
毎年ドラマがあります。
しかし若い時にこういう経験ができる選手諸君は,それは
厳しい練習の積み重ねなんだろうけど,幸せなことだと思い
ます。うらやましい。
私はそういう世界にはきっちり背中を向けておりましたから
ね(笑)。

来年も楽しみです。國學院に限らずみんな頑張ってほしい。

チャレンジランinナショナルスタジアム20062006/10/16 09:24

いやー,よく飲んだなあ。
おっと,練習日誌的には

10キロラン。

これまで10キロロードは朝一だったのですが,今年は15:17
スタート。
5キロロードもあり,こちらは15:15スタート。
5キロの2分後にこちらもスタートで,スタート時は密集してな
かなか進まなかったりもします。
そうすると5キロのトップがこちらが競技場を出る前に帰って
きました。
5キロの最初は1キロの周回を走りますので,まああり得る話
ではあるのですが。
速い。

10キロロードは2キロの周回を5周します。
その都度競技場を通ります。そこで給水もできる訳です。
東京オリンピックであのアベベが,円谷がくぐったマラソン門
を,周回毎に我々もくぐるんですねえ。
感慨深い。
国立競技場はもう何度もそのコースに立ちましたが,何度
行っても興奮する。

一応私の結果も書いておきましょうか。
公式のタイムはまだわかりませんけれど。
私の時計では62分58秒でした。
まあこんなもんでしょう。今まで一番良くても55分ぐらいです
から。
ここのところの練習では64分ぐらいでしたから,ちょっとは
良くなったのかな。
中盤脚にきましたが,最後は切り替えて少し伸びました。
しかし遅いねえ。
目標は10キロを50分です。
かなり遠いな。

今回は初めてトラック競技も見ました。
写真はその一つで,フィリップ・モシマ選手と亜細亜大学の
選手たちです。5000m。
モシマ選手にぐいぐい引っ張られて,自己記録を更新した
学生さんもいたようです。
いい練習ですわ。
来年の箱根もいい走りを見せてくれそうです。
モシマ選手は最後は流していた感じに見えましたが,まあ
速い。
女子の5000mは第一生命の選手たちにワコールの選手
が一人と,3000m障害アジア記録保持者の早狩実紀選
手が走りました。
早狩選手は今回はそれほど伸びなかったですね。
第一生命の選手がトップ3を独占してました。
一流の走りを見ることができて,面白いイベントです。
他にも一般のトラックレースがいろいろありまして。
5000mを見ましたが,宗茂さんがマイクを持って,滅茶苦
茶煽るんですね。
「ほら,ついてく,ついてく!」とか「勿体無いよ!」とか。
そうすると大幅に自己記録を更新してしまったりするんです。
あれはなんらかの「気」が出ているのだろうか(宗茂さんは
気功の研究者でもある)。

てことで,シーズン一発目を無事に終えました。
少し真面目に練習して,マラソンに向けて鍛えようと思います。

ディープインパクト頑張れ2006/07/02 18:02

日本陸上競技選手権大会。
女子5000メートルで福士加代子選手が1万メートルに続いて
二冠を成し遂げました。
タイトルは福士選手の優勝コメント。
意味不明の福士語録に新たな迷言が加わりました。
今回タイムはそれほど伸びませんでしたが,むかうところ敵無
し。
文句無しの勝利でありました。
社会人1年目の新谷仁美選手は15位と伸びませんでした。
しかしこれからばしばし来ると思いますよ。
先を見据えて,どんどん上がってくるでしょう。

スーパー高校生,小林祐梨子選手は,1500メートルに出場。
写真判定で惜しくも同タイムの2位。
小林選手は高校生で1500の日本記録保持者ですからね。
もう凄い。
今3年生で,卒業後はどうするんですかねえ。
引く手あまただと思いますが,実業団に行くのか,大学に
進学するのか。
こちらも大注目です。

日本記録も出ました。
男子走高跳では醍醐直幸選手が2m33で13年ぶりに1セ
ンチ更新。
男前ですから,人気の選手になるんじゃないですかね。
男子砲丸投では畑瀬聡選手が18m56を投げ,これまでの
日本記録を3センチ上回りました。

世界の舞台で活躍できる選手がどんどん出てきてほしいです
ねえ。
来年は世界陸上大阪大会もありますからね。
楽しみです。
期待を持って見守っていきたいと思います。

箱根駅伝予選,そして菊花賞2005/10/23 16:16

昨日,箱根駅伝の予選会があり,今日TVでオンエアが
ありました。
各校10名の選手の合計タイムで競うと。
ですから一人ずば抜けているのがいてもダメなんですね。
チームとしてまとまっていないと。
我が母校,國學院大學が3位に入ってくれまして,3年
ぶりの出場が決まりました。
嬉しいものです。
なかなかまとまったチームになっていたので,なんとか
本番では上位に食い込んで,再来年のシード権を獲得
してもらいたいものです。
また大注目は山梨学院大学の1年生,モグス選手です。
この予選会でも20キロを57分22秒という凄いタイム
で個人トップ。
箱根で何区を走るのかはわかりませんが,とんでもない
ゴボウ抜き,また区間賞があるかもしれません。
お正月が楽しみです。
 
そしてそして菊花賞。
ディープインパクトですねえ。
無敗の3冠達成。
いやー凄い。
もう磐石。
最初飛び出してしまって,武騎手も必死に抑えたそうで
すが,見ている分にはディープインパクトの勝利が揺ら
ぐ要素は全く感じられませんでした。
もう細かいことは関係ないんでしょう。あの馬は。
強い。
歴史に残る21世紀の名馬が誕生したということなの
でしょう。
今後の活躍にも期待大です。
今日は馬券を買ってませんけど,大いに感動しました。

チャレンジランinナショナルスタジアム2005/10/02 11:44

シーズン到来。
このシーズンも走りますよー。
 
「チャレンジラン」,無事終了致しました。
自己記録更新を狙いましたけれども,そこまで
体が動きませんでした。
結果は60分46秒。
まあこんなもんかな。
この大会,2キロの周回を5周するのですが,
2キロ毎のラップを見ると12分のイーブンを
刻んでいたので,これはよかった。
このままじわじわとタイムを縮めていきたいと
思います。
 
今回「コンボアスリートクラブ」として,某てっぺい
君が一緒に走りました。
彼にとっては大会デビューということになりますが,
なかなかの好タイムでしたので,12月のNAHA
に向けて,自信がもてたのではないかと思います。
5時間は切れるんじゃないかな。
私もこの10月,11月とお稽古をして,つくばで
いい結果を出したいものです。
今シーズン中になんとか5時間を切ろうと考えて
おります。いくで。
 
しかしランニングの大会の後に,なんで朝帰りなん
だろう。
朝帰りどころじゃねえや。昼じゃん。
訳がわからん。

世界陸上2005/08/11 14:55

てことで世界陸上やってますけどね。
なかなか見られなくて残念なんですけれども。
事後のビデオなんかは嫌でもテレビでやりますので
一応チェックはしております。
名場面はいろいろありますけれど,どうしても長距離
に興味が向いてしまいますので,凄いなあと思った
のは,女子1万メートルのエチオピア勢。
あれはもうとんでもない。
3位まで独占ですもんね。
タイムはトップが30分24秒02ということで,この
競技の世界記録は29分31秒78ですから思った
ほどは伸びなかったのですが,駆け引きの部分も
ありますから,天候とか,最初からぐいぐい飛ばす
選手がいたりとかでないとなかなか記録は出にくい
競技ではあるのだと思います。
で,1位のティルネシュ・ディババ選手のラスト1周
400メートルが58秒5なんだそうです。
女子400の世界記録は47秒60。
単純に4で割ると,100メートルがまあ12秒。
ディババ選手で14秒6。
しかし最後の競り合いの中でのスパートは凄かった
ですからね。
残り200ぐらいでのギヤチェンジ。
そして最後50メートルほどの凄まじいスパート。
ラストのトップスピードは400メートル競技の速さ
に近かったのではないでしょうか。
400メートルトラックを25周して,あの鬼の末足を
使えるというのはもう感服するより他ない。
男子1万もケネニサ・ベケレ選手,これまたエチオ
ピアの選手ですが,真の強さを見せてくれました。
 
あと楽しみはマラソンですが,男子は高岡寿成選手
にメダルの期待がかかります。
いけるんじゃないでしょうか。
女子は……。
むこうは寒いみたいですからラドクリフ選手ががん
がん飛ばしていくんじゃないでしょうかしら。
女王の意地を見せるんじゃないかと思いますが。
ヌデレバ選手も安定してますし,調子もいいようです
からきっちりついていくでしょうね。
というような速いレースになると日本選手はちょっと
きつくなるような気もしますが,誰か食い込んでほし
いものです。
タイムは持ってないんですが今年の名古屋で優勝
した原裕美子選手はいい根性してますから何か
やらかしてくれたら嬉しいのですが。
若いし。
高地で脈をとっても34~35なんだそうです。
心臓も強いぞ。
名古屋の前の駅伝でもいい走りをしてました。
まあ何があるかわかりませんから,日本勢が上位
を独占なんてことも……,無いとは言えない。
他の国からも凄い選手が大勢集まる訳ですから,
見ごたえのあるレースになることは間違いない。
非常に楽しみです。

練習日誌05・6・252005/06/25 23:52

7キロラン&ウォーク。
 
走らなければ走らないで体がなまって具合が悪い。
走ると楽ですわ。軽くなります。
まあ夏場も少しは走ろうかと思っております。
今日もラストに100メートルダッシュをしてみました。
16秒93。
先日宮崎かどこかで世界記録が出ましたね。
マスターズ陸上,95~100歳の部,100メートル
走ですね。
95歳のじいさまが22秒ちょいでゴール。
すんごいですねえ。
このじいさま。
もっと凄いのは,80代の時に16秒代で走っている
んですね(笑)。
もう完全脱帽。俺もなさけないけど,このじいさまは
ちょっと化け物ですな。
鍛錬次第では95歳でも短距離走ができるってこと
ですよねえ。
100メートルで10秒を切るのもそれは凄いことだけ
れども,95歳で100メートルを22秒で疾走するって
とんでもないことだと思いますけどねえ。どうでしょう。
 
今回は夜中の11時ぐらいに走ったんです。江戸川
土手を。
なんだかわかりませんが,若者が群れ集ってますよ。
深夜の江戸川。
カップルも多いしねえ。
グループで花火してたり。
ああいうところに全裸でタイマツかなんか持って暴れ
込んだら面白いだろうなあ。
対抗してきたら口から火ぃ噴いてやる(笑)。
ボワーッ!