dameningendx2をフォローしましょう

いわい将門ハーフマラソン20072007/11/13 12:03

11月11日。
ピンゾロですな。
チンチロリンなら5倍取りというところ。
 
当日4時45分に家を出ました。
そんな時間ですからすぐ着きました。
1時間はかかってないな。
駐車場には何台か既に停まってましたが,まだがらがら。
6時前に行けば余裕のようです。
ハーフのスタート地点にほど近い場所に停める。
ゼッケン引渡しの受付は7時30分からなのですが,その
時間になる前にはあっという間に満車となりました。
受付が始まるまではおにぎりを食ったり,寝袋に入って
ごろごろする。
受付開始時間には受付に行って早々に済ませる。
ちょっと会場の偵察。
アミノバイタルの顆粒を配っている人があちこちにいて,
私も貰う。
うろうろしてたらいっぱい貰った。
「走る前に飲んで下さい。最後の粘りが違います!」と
言うので,言われた通り飲みましたがね。
車に戻ってまた寝袋にもぐり込む。
徹夜に近い状態なので,寝ないまでも少しまどろみたい。
開会式が9時から。
スタートは10時で,ホントならもう少し寝ていたいところで
すが,今回ゲストランナーとして「千葉ちゃん」,千葉真子
さんが出るので,これは見にいかねばならない。
「ねんりんピック」というイベントも同時開催なようで,会場
に行くと都道府県別に年配の方々が列を作っている。
子供もいっぱいで,ぎゃーぎゃー騒いでもうそのけたたまし
いこと。
 

 
この↑小さい写真でも怪しい人たちの存在がわかります。
その親玉がこちら↓。
 

 
これは平将門に扮しているのですね。
そんなパレードみたいなものもあるらしい。
ちなみにこの鎧兜をお召しになっている方は,坂東市だか
の市議会議長らしい(笑)。
将門公になるのも大変ですねえ。
再選を繰り返して,議長にまで上りつめないといけないの
ですから。
なかなかお似合いです。
そして千葉ちゃん。
 

 
凄かったなー。
あんまり凄くて何を言ったか忘れてしまいましたが,なにし
ろあの声で,耳をつんざくようなハイテンション。
一気に眠気が吹き飛びました。ありがとうございました。
開会式が終わり,トイレを済ませ,物販など覗いてからま
た車に戻って休憩。
さて問題は天気だ。
予報では100%雨。
ところが降ってないんですよ。
これはどうしたものか。
一応雨にも対応できるようにいろいろ持ってきてはいる。
最初は雨はもう降らないということにして,それでも北風
が吹くらしいので寒かろうから上下ウインドブレーカーとい
うことにするかと。
しかし同じ格好で,今年3月の「佐倉」では冷え切って撃沈
した。
長袖のTシャツにビニール袋をかぶるか。雨が降らなかった
り,暑くなってきたらビニール袋は畳んで,ウエストバッグの
ベルトに掛ければいいのではないか。
とまあいろいろ考えました。
実際にビニール袋をかぶったりしているうちに,ウインドブレ
ーカーの背中部分に大きなポケットがあることに気付く。
またビニール袋はかなり小さく折り畳める。
てことで,とりあえずは降ってないので,「佐倉」で撃沈した
格好で走ることにし,一応ビニール袋を背中ポケットに収納
するということに決定。
このビニール袋は,こんなこともあろうかと,どこかの大会で
バッグを入れるのに使ったものを捨てずに持っていたのです。
大会に出ておられる方に申し上げる必要はありませんが,
そうじゃない方のためにご説明しますと,マラソンの大会で
は大概荷物預かりがありまして,そのまま荷札を付けて預
かってくれるところもありますが,多くは透明の大きなビニー
ル袋が配布され,それに荷物を入れて縛ったものを預かっ
てもらいます。
そのビニール袋を捨てないで残しておいたということです。
首と腕を通す穴を開けましてね。
まあ見た目はブサイクになりますけど,まず透明だからゼッ
ケンが見えるというのがいいです。
また必要がなくなったら給水所のスタッフさんなんかにお願
いして捨ててもらっても惜しくないですし。
しっかり雨具となるとがさばるものですが,前述のように畳
めばかなり小さくもなる。
優れものだ。
不安解消ですっきりしたところでスタート地点へ。
 

 
今回各部門合わせて4000人ほどのエントリーがあった
とか。
ハーフは2000人ぐらいですね。
これぐらいの規模の大会もいいです。
この時↑は降ってなかったんです。
ところが号砲直前になったらぽつぽつ降り始めましてね。
こいつはいけねえと思い,早速背中のポケットからビニー
ル袋を取り出して着る。
スタートと同時にどしゃ降り。
見事なタイミングでした。
てことで今回はレース途中の写真はありません。
最初は岩井の市街地,商店街みたいなところを通ります。
どしゃ降りでも傘を差しながら見物している人が結構おら
れまして。
あれはもし晴れてたらかなりの盛り上がりになるのでは
ないかと思いました。
10キロを過ぎた辺りになると大田園地帯になりますが,そ
こでもぽつぽつと応援してくれる人がいるんですよねえ。
もうこの大会は17回になるそうですが,町の人が楽しんで
いる空気を感じました。走りやすかったですね。
今回私と致しましては,多少攻めていこうと。
あまり後先考えずに,最初から元気に行こうと。
そうは思っていたのですが,なんだか体が重く,それほど
スピードは出ませんでした。
5キロまでのラップが28分28秒。
10キロまでの5キロが28分52秒。
もうちょっと速いペースを考えていたのですが,そうは体が
動きませんでした。
それでもいつもの私からすればかなり速いペースです。
ここまでは良かったのですが,10キロから15キロまでの
間に気持ちが切れそうになり,タイムもこの5キロが32分
台になってしまい,いつもと一緒になってしまうのかと諦め
かけましたが,15キロの手前で私設エイドなんでしょうけ
れども,みかんや梅干,チョコレート,飴ちゃんなどを振舞
っていらっしゃる方々がおられて,私もありがたくみかんと
梅干,飴ちゃん(桃味だった)を頂きました。
このおかげでまた気持ちが切り替わり,気力が漲ってきま
した。
15キロから20キロの5キロはなんとか31分台に戻し,岩
井の市街地に入る。
 

 
これ↑だけは撮ったんですね。
後方なので閑散としておりますが,先頭が通過する頃は
いくらか盛り上がっていたのではないかと思いますが。
この大会,給水所がやや少ないのではないかと不安があ
り(4箇所だったかな),一応水を持って走ったのです。
雨が降ったぐらいなので(スタートから1時間ぐらいで小降
りになった)暑いということはなく,給水はオフィシャルで十
分でした。
ラスト1キロぐらいで持っている水を捨て,ラストスパート。
20キロからの1.0975キロが5分57秒と,これは私と
してはしっかり走っておりますね。
競技場のトラックが土で,雨でぬかるんで滑りやすく,走り
づらかったですが,元気にゴール。
2時間08分15秒。
これはグロスタイムとしては自己ベストです。
ネットタイムでは05年の「手賀沼」が06分13秒なのです
が,今年2月の「浦安」での記録,08分32秒をわずかな
がら抜きました。
「いわい」はネットタイムの計測がない(スタートラインにセン
サーがない)のですが,私の時計ではネットタイムは07分
19秒。
もうちょっといくつもりではあったのですが,まあまあ。
大会に出る毎に調子が上がってきているので,とりあえず
は納得です。
最低限の10分切りは達成できた。
めずらしくふくらはぎが筋肉痛になりましたし。左足だけ
ですが。
いくらか気合を入れて走った証拠かと思います。
腰にもちょっとダメージが残っているかな。
総じて走りやすいコースで,地元の方々も温かく,いい大
会でした。
もう完全に勝手がわかりましたので,これはまた来年も
出たい大会です。
ゴール後は,ゼッケンに付いている券と引き換えに野菜
を貰いました。
 

 
「惚レタス」!
なんか嬉しいですね。レタスを貰うなんて。
レタス料理のレシピ付き。
車に戻って着替え。
シューズは当然どぶどぶになっており,靴下を脱いだら
足がふやけていて,持参の濡れタオル(シーブリーズを
染み込ませてある)で拭いたら角質が取れてきれいに
なりました。
パンツも履き替え(車だと着替えもできるし荷物も預けな
くていいから楽です),さっぱりしたところで朝の残りの
焼きそばパンやらシャケのおにぎりなんかを食らう。
ついでに朝貰ったアミノバイタルの顆粒も飲む。
車だからビールを飲む訳にもいかず。
さて帰るぞ。
と言いたいところだが,この日はもう一つ用事があり,即
車で直行。
13:00,会場を後にする。
ハードな一日の続きはまた後ほど。

コメント

_ KC ― 2007/11/14 18:13

悪天候のなか、お疲れ様でした。

雨対策は「ゴミ袋」「クリーニング屋の納品用」などありますが、ワタクシは「プロ野球観戦のポンチョ(ほとんどゴミ袋)」。
キャンペーンでスタジアムを同じ色で染める、とかつまらんこと考えて、配ることがあるんですな。
ま、なんでも使い勝手がよろしければ、良し。

アミノバイタル・プロは最近、無料配布を見ますね。
まともに買うと一袋200円ぐらいします。
某大会で行ったり来たりで4個ぐらいもらったときもありましたな。
ワタクシは友人がメーカーに勤めていまして、社販のあるときに、購入しておいてもらいます。
あれ、最後の粘りに効くかどうかは怪しいけど、翌日の筋肉痛が違う。

つくばでお会いしましょう。
カスタムキャップを楽しみにしております。
ワタクシは、いつものコスチュームです。

_ ダメ人間 ― 2007/11/14 23:00

アシックスのロゴが入ったビニールをかぶっている人もおりました。
あれは売っているのか何かのイベントかキャンペーンで配っているのか。
とにかくゴミ袋1枚でかなり対応できることがわかりましたので,今後のことも考えて少し安心しましたが。

アミノバイタルはそんなに高いのですか。
いっぱい貰っておいてよかったな(笑)。
他にもザバスのプロテインやら,アミノバリューの顆粒やら,引き出しに溜まっております。
緑効青汁はやたらとたくさんあるなあ(笑)。

新しい帽子はちょっとストップしてしまっておりますね。
なんとか間に合わせたいのですが。
アヒル帽も,あれはタオルなので,随分くたびれてきてしまって。
アヒル帽2号も作らないといけないかもしれません。

_ ろしあん ― 2007/11/18 17:41

ちょっとコメントする時期を逸してしまいまして、今頃書かせていただきます。
いわゆるBCAAがはいってるアミノバリューとかアクエリアスなんかは、KCさんがおっしゃるように、翌日の筋肉痛をやわらげますよね。
最後の粘りを!という意味ではランナーズなんかでよく広告だしてる『L-カルニチン』っていうのが体内の脂肪を効率よく燃焼させてミトコンドリア(坂田さんじゃないですよ)に運ぶ栄養素らしく、ガス欠にならないために役立つらしいです。
まだ自分では買ってませんけど、使用者のコメントにはレース後半の粘りがあきらかに違った、というのがありました。

それはさておき、今日の東京女子マラでの野口の後半の爆発力は驚異的でした!中継を生で見てましたが、あのコースで35キロから40キロを16分50秒のラップで走るなんて全盛期のQちゃんでも無理でしょう。
しかも20度を超える暑さの中で、大会新記録で優勝なんて前半のペースからは想像もつきませんでした。
むしろタイムは捨てて、渋井とのレース後半での駆け引きを期待してただけに、あっけない幕切れでした。
それだけ今の野口選手は調子がよかったんですね。
逆に、渋井選手は11月3日の実業団駅伝にピークがきてしまった・・・・
トップ選手のコンディションづくりはホントに紙一重で難しいもんだな~と痛感したレースでした。

_ ダメ人間 ― 2007/11/19 06:40

そうかー。
普段筋肉痛になるほど走らないからなー(笑)。
貰い物の粉はまだいっぱいあるから「つくば」に持っていくかな。

東京女子についてはまた別で。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dameblo.asablo.jp/blog/2007/11/12/1905261/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。